Voice

先輩社員の声

生活に身近な商品を取扱うから仕事の成果を実感できます。

営業部
村木 謙斗さん 2020年入社
Q大平紙業に入社したきっかけを教えてください。

私が伺ったことがある他の会社とは異なる穏やかでやさしい雰囲気に驚きました。

もともと文房具のデザインなどが好きだったということと、生活に身近な商品を取り扱って自分の仕事がもたらす結果を実感しやすい業種につきたいと思い、大平紙業を選びました。業務内容のほかに、社内の雰囲気が良かったのも入社を決めた理由のひとつです。面接の際に社内の人が全員挨拶してくれ、これまで私が伺ったことがある他の会社とは異なる穏やかでやさしい雰囲気に驚きました。

Q現在はどのような仕事をされていますか?

主に文具やキャラクター雑貨などの提案営業を行なっております。

九州でチェーン展開しているファンシーショップ様を担当させてもらっており、主に文具やキャラクター雑貨などの提案営業を行なっております。近年、社会現象にもなったアニメでグッズが爆発的に増えた例もありましたが、流行った後から店頭に商品を置いても間に合いません。流行のキャラクター商品をいち早く紹介したり、SNSなどで流行をチェックしながらご提案を行うようにしています。

Q仕事の中で心掛けていることはなんですか?

日頃から何が必要かをしっかりと見極めて、効率の良い情報伝達やご提案を行なっていけるよう心がけています。

ひとつの仕事が終わるタイミングで、改善点を探すようにしています。店舗様への提案資料ひとつとっても、必要な情報が不足していたり、逆に情報過多になっていてわかりづらくなったりしていては十分なご提案ができません。資料を受け取る方によっても必要としている情報は異なるため、日頃から何が必要かをしっかりと見極めて、効率の良い情報伝達やご提案を行なっていけるよう心がけています。

Qこれから就職する学生の方へのメッセージをお願いします。

「こういう商品があったらいいのにな」と感じるその気持ちが、そのまま仕事につながります。

大平紙業では文房具や家庭紙、生活雑貨など、私たちの暮らしに身近な商品を取り扱っているので、普段感じている「こういう商品があったらいいのにな」と感じるその気持ちが、そのまま仕事につながります。また、身近な商品を取り扱っているからこそ、自分の仕事がもたらす結果も目に入りやすく、やりがいがあると思います。生活に身近な仕事がしたい、良い雰囲気の社内で働きたいという人にはうってつけの会社です!

社内の雰囲気がよいので楽しく働けています。

商品部
坂本 果奈さん 2021年入社
Q大平紙業に入社したきっかけを教えてください。

文房具が好きだったことと、企画の仕事にも興味があったため大平紙業に入社しました。

大学ではデザインについて学んでいたので、デザイン関係の仕事につくことも考えたのですが、文房具が好きだったことと、企画の仕事にも興味があったため大平紙業に入社しました。大平紙業はベテラン社員が多く、若手の人数はあまりいません。そのため、先輩社員の方がいろいろと教えてくれながら温かく見守ってくれるので、とても働きやすい雰囲気だと感じています。

Q現在はどのような仕事をされていますか?

展示会の準備、商品の管理やメーカー様との商談、どんな商品が求められているのか知ることも業務のひとつです。

年に3回ある展示会の準備は商品部が中心となって動いています。企画の提案やガイドブックの作成、会場のパネルデザイン、動画制作など様々な準備があります。普段行う通常業務としては、商品の管理やメーカー様との商談のほか、文具・雑貨メーカー様から情報や企画を集めて営業部へのアナウンスなどです。SNSなどで最新の動向を見て、どんな商品が求められているのか知ることも重要な業務のひとつです。

Q仕事の中で心掛けていることはなんですか?

何事にも前向きに取り組むように心がけています。

まだ入社したばかりで、これから勉強していかなければいけないことだらけなのですが、何事にも前向きに取り組むように心がけています。先輩の皆さんはベテランばかりで、私の至らない点がたくさん見えていると思いますが、やさしく丁寧に教えてくださいます。焦らず、自分にできることをひとつひとつ丁寧に頑張っていこう、という気持ちを大事に日々業務に取り組んでいます。

Qこれから就職する学生の方へのメッセージをお願いします。

自分のやりたいことを実現できる会社ですので、ぜひ一緒に頑張りましょう!

様々な社会情勢の変化のせいで、思うような学生生活がおくれていない人も多いと思います。勉強や学生生活など、思い描いていたことができなかったせいで不安も大きいでしょうが、自分がやりたいと思ったことを信じて頑張ってください!私も入社する前は不安でしたが、いざ飛び込んでみた今では、とても楽しく働けています。自分のやりたいことを実現できる会社ですので、ぜひ一緒に頑張りましょう!

社員同士が仲良く長く働きやすい雰囲気です。

人事総務部
夏村 良恵さん 1994年入社
Q大平紙業に入社したきっかけを教えてください。

「お客様の繁栄こそ我社の繁栄」であり「社員の幸せこそ我社の喜びである」という考え方に興味を持ったのがきっかけです。

私が就職活動していた当時、会社案内に載っていた「お客様の繁栄こそ我社の繁栄」であり「社員の幸せこそ我社の喜びである」という考え方に興味を持ったのがきっかけです。また、学生時代に学んだ知識や技術も活かせると思い、入社してシステム電算の業務を行っていました。その後、出産や産休などを経て部署を異動し、現在は人事総務部での業務を担当しています。

Q現在はどのような仕事をされていますか?

社員の皆さんが安心して円滑に労働できるよう、日々サポートを行っています。

主に労務の仕事を行なっています。入社・退社の手続きや勤怠管理、給与計算、社会保険の手続き、年末調整、健康診断の申込、社用車の管理、社内誌の作成、会社イベントの準備、来客対応など、かなり幅広い業務をほぼ一人で行っています。大平紙業だけではなくグループ会社の社員の管理も行っているので業務は膨大ですが、社員の皆さんが安心して円滑に労働できるよう、日々サポートを行っています。

Q仕事の中で心掛けていることはなんですか?

様々な情報を取り扱っているため、正確でスムーズな処理を心がけています。

様々な情報を取り扱っているため、正確でスムーズな処理を心がけています。仕事の優先順位を考え、期日が近いものから前もって準備を行って効率よく処理できるようにしたり、社員の皆さんに書類の提出などをお願いする場合には、相手が見て一目でわかるように付箋で説明をつけたりするなど、様々な工夫を行っています。また、個人情報を取り扱っているため、情報管理にも注意しています。

Qこれから就職する学生の方へのメッセージをお願いします。

とても働きやすい環境ですよ。もちろん、困ったことがあれば私もしっかりフォローしますので、気軽に声をかけてください!

入社される際には、私が手続きなどをしっかりお手伝いしますのでご安心ください。入社前や入社したばかりの頃はわからないことが多いかもしれませんが、大平紙業は社員同士の仲がよく人間関係がとても良いので、先輩たちがやさしく教えてくれると思います。とても働きやすい環境ですよ。もちろん、困ったことがあれば私もしっかりフォローしますので、気軽に声をかけてください!

できることが増えていく、そんな喜びがあります。

システム
宮本 浩昌さん 2016年入社
Q大平紙業に入社したきっかけを教えてください。

自社システムの開発・運用・保守まで自社で行っている大平紙業への入社を決めました。

学生の頃にシステムの勉強を行っていて、今や企業においてライフラインともいえるシステムに携わる仕事に就きたいと思っていました。いろいろな分野の会社を検討していたのですが、ハローワークで大平紙業が職場体験を行っているのをたまたま見つけ、実際に体験に来てみたんです。その時の体験を機に、自社システムの開発・運用・保守まで自社で行っている大平紙業への入社を決めました。

Q現在はどのような仕事をされていますか?

開発も行っていますが、システム周りのことは何でも行っています。

システム部には現在5名の人員がいます。開発や保守をメインの業務として行っている他の方々とは少し違い、私は社員が使っているパソコンの入れ替えやサブシステムのサポートなどの仕事を担当しています。開発も行っていますが、システム周りのことは何でも行っているイメージですね。パソコンのセッティングなど基本的には各社員が行うのですが、わからないことには随時答えてサポートしています。

Q仕事の中で心掛けていることはなんですか?

いつエラーやトラブルが起こるかわかりません。そんな時に素早く対応するためには初動が大切だと思っています。

報連相を徹底するように心がけています。日々使っているシステムも、いつエラーやトラブルが起こるかわかりません。そんな時に素早く対応するためには初動が大切だと思っています。日々の報連相でトラブルの目を早めに発見し、何か起こった際にも素早く動けるようになります。大平紙業は自社内にシステム部がいるので、何か起こった際にすぐ対応できるのは強みのひとつだと思います。

Qこれから就職する学生の方へのメッセージをお願いします。

日々の業務に取り組むことで、できることを少しずつ増やしていきながら、一緒に「自分の価値」を高めていきましょう!

入社したばかりの頃はできないことが多く、戸惑うことも多いかと思います。でも、大平紙業はできないことを本人のせいにはせず、きちんと教えて育てていく環境があります。最初はできなくても、ひとつずつできるようになっていけば大丈夫です。日々の業務に取り組むことで、できることを少しずつ増やしていきながら、一緒に「自分の価値」を高めていきましょう!

入社年数ではなく“内容”で評価してくれる会社です。

福岡物流
奥田 茂雄さん 2016年入社
Q大平紙業に入社したきっかけを教えてください。

経験したことがない分野の仕事で、自分の力がどのくらい発揮できるのか楽しみに感じた。

以前はまったく別の業種で働いていたのですが、転職を考えていろいろな会社を探していた時に大平紙業の募集を見つけて面接を受けました。
面接時に「社員の年齢層が上がってきているので、ぜひ近い将来の会社の中核となれるよう努力してほしい」という言葉をかけていただき、経験したことがない分野の仕事で、自分の力がどのくらい発揮できるだろうと楽しみに感じて入社を決めました。

Q現在はどのような仕事をされていますか?

全体のことをしっかり把握できるように努めています。

現在は、福岡物流センターで副センター長として全体の管理を行なっています。物流というと作業を行うイメージが強いかもしれませんが、日々の作業を円滑にこなすために考察をしたり、各種データなどを取り扱うことも多いです。センターで働く人々をまとめる立場なので、作業や事務仕事などすべてに積極的に関わりながら、全体のことをしっかり把握できるように努めています。

Q仕事の中で心掛けていることはなんですか?

凡事徹底して当たり前のことをきちんとこなすことが大切だと思っています。

決められた納期に決められた商品を確実に出荷するのが物流の仕事です。そのため、凡事徹底して当たり前のことをきちんとこなすことが大切だと思っています。しかし、どうしてもトラブルが起こる可能性もあるため、不測の事態が発生しても即時対応できるよう、前倒しで仕事を行うように心がけています。また、余裕を持って振舞うことで、スタッフの方が質問しやすい環境を保つようにしています。

Qこれから就職する学生の方へのメッセージをお願いします。

自分が行った仕事の内容や実績をしっかり見てくれていると感じています。

私自身、入社してまだ5年ですが、大平紙業は入社年数の長さで人を評価するのではなく、自分が行った仕事の内容や実績をしっかり見てくれていると感じています。だからこそ、日が浅い私も副センター長に任命していただくなど、頑張ったら結果が出るやりがいのある職場だと感じています。時代とともに変化する物流業界には、新しいあなたの力が必要です。ぜひ、会社の中核を目指してください!